【おはようございます、ボーイです】1986年10月XX日 ニッポン放送 『SUPER ME HER さんまのアイドル丸かじり』 BOØWY

明石家さんま

『1986年10月XX日 SUPER ME HER さんまのアイドル丸かじり』トーク

明石家さんま
さ、今日ですね、我々タレントよりもですね、あの~、早くですね入って、この放送局のですね6階のロビーでですね、ず~っと待っていてくれた(笑)
人が1人いてるグループを紹介しましょう(笑)
『BOØWY』のみなさんです、どうぞ。
氷室京介
どうも~。
布袋寅泰
どうも~。
高橋まこと
どうも~。
明石家さんま
あの~、『BOØWY』のみなさんのLPはね、あの~ワタクシねいただいて、あの聴かしていただいたんですけどもね、も~、自分が今まで求めていた音楽コレだ、というね(笑)
氷室京介
(笑)ありがとうございます(笑)
明石家さんま
◎△$♪×¥●&%合格いうことでね(笑)
あのまた、なんでそんな、あっ!
先にちょっと自己紹介していただけますか?
あの、僕今日初めてなんでね、お会いするのが。
氷室京介
はい、え~ボーカルをやってます氷室京介です。
明石家さんま
え、キョウスケさん。
布袋寅泰
ギターの布袋寅泰です。
明石家さんま
ホテイさん。
布袋寅泰
ハイ。
明石家さんま
そして、こちらです(笑)
高橋まこと
ドラムをやってます高橋まことです。
明石家さんま
この高橋さんがね(笑)
ま~、死ぬほど早よ~入ってましてね、こんな早よ入るゲストはじめて!
高橋まこと
ホッホッホッ(笑)
明石家さんま
それもマネージャーなしでね(笑)
マネージャーとかレコード会社の人なしで1人でね、6階ロビー◎△$♪×¥●&%#待ってるんですよ(笑)
てっきり俺◎△$♪×¥●&%入ってきたかな思って!
「君帰りや」って言いそうになったんですけどね、あの~なんとですね立ち上がって、私を見る、見た瞬間上目づかいで私を見てですね、突然立ち上がってですね、「おはようございます、ボーイです」言うて(笑)
氷室京介
ギャハハ(笑)
明石家さんま
はじめ~、今日、ね、ゲストに『BOØWY』って聞いてたんやけど、突然「ボーイです」て、どこのボーイかいな思って(笑)
ニッポン放送の、どっかホテルのボーイ雇っとんかいな、ボーイです、って言われたから(笑)
何かいな思ってよう考えたらゲストが『BOØWY』のみなさんやから、「あ~こんな、なんで早よ入りましたん?」って聞いたら「いや、ちょっと」とか言うて「早くついてしまったんです」って言うてワケのわからんマトモな答え返ってきましたけどね(笑)
何の言い訳にもなってない、「いや、早く来たんです」、そのままやがな、言うて、どうして、またそんなに早く入られたんですか?
高橋まこと
あ、バイクでちょっとヒュっときてしまったんです、バイクデ・・・。
明石家さんま
あ~ヒューっと、あ~今日はなんかみんな仕事一緒じゃなかったんですか?
高橋まこと
ハイ。
明石家さんま
家から?
高橋まこと
家から。
明石家さんま
あ、直接もうちょっと時間がかかるだろうと思ってて、早く来てしまった?
高橋まこと
◎△$♪×¥●&%。
明石家さんま
さみしかったでしょ?
高橋まこと
さみしかったです。
明石家さんま
ね~、1人で、もうメンバー来た時にうれしかったでしょ(笑)
2人が、いやそういうもんです、初めてね番組来たり、タレントさんと一緒に仕事する時にね、あの~、1人だけポツンと来てしまうとね、これほどね、イヤなものはないんですよね。
うぇ~、で先に挨拶されたりしてね、でこっちはみなスタッフは仲がいいんじゃないですか、でソファーに座ったかて「いや~◎△$♪×¥●&%」で、知らんから~、そな、ワーとか喋れないからね、あの~、結局気~使うから~、どんな人間かわからんし、◎△$♪×¥●&%(笑)
黒い服着てるわサングラスかけてるわ ◎△$♪×¥●&%な人間やから◎△$♪×¥●&%、奈良の田舎やから◎△$♪×¥●&%(笑)
高橋まこと
そうですか(笑)
明石家さんま
いやそうなんです、黒い服サングラスかけたらアブナイいうて(笑)
そうなんですよ~。
高橋まこと
本当にどうも失礼しました(笑)
明石家さんま
いえいえ滅相もないです。
え、3人のバンドさんなんですか?
氷室京介
いや、違うんですよ、あのね、もう一人ベースがいるんですけど、病気で寝込んでまして(笑)
布袋寅泰
肝臓のほうですよね。
明石家さんま
あ、肝臓◎△$♪×¥●&%ですか。
氷室京介
ハイ。
明石家さんま
気をつけてくださいね、我々のメンバー紳助もこないだね~、入院して手術するようなやつ。
氷室京介
いや、とりあえずはそんなに重くないんで、安静にしてれば。
明石家さんま
お酒ガバガバ飲む?
氷室京介
えぇ、結構飲むヤツなんですよ。
明石家さんま
あ~、酒飲んで肝臓悪くなる、まだいいですよね、酒飲まんと肝臓悪くするよりね(笑)
いやほんとに、え~、古沢さん、何?
古沢みづき
酒の飲まないで肝臓・・・?
明石家さんま
あ、あそう、それ。ちょっとこれいきましょう(笑)
ルーレット!

『1986年10月XX日 SUPER ME HER さんまのアイドル丸かじり』レビュー

1986年の明石家さんまといえば、『オレたちひょうきん族』をはじめとしたバラエティー番組に多数出演、ドラマでは『男女7人夏物語』『男女7人秋物語』、キッコーマン『ぽん酢しょうゆ』のCMなど、TVに出まくっていた頃です。

さて、ラジオの内容ですが、高橋まことがめちゃくちゃ早く放送局に着いた、という事をずっとイジっています(笑)
『ヤングプラザ』に続いてイジられていて、関西の芸人との相性がいいみたいですね(笑)

この後、リスナーと直接電話を繋いでトークしたり「『BOØWY』のみなさんが、佐賀に3万人イベントにゲストで行った時、ある物を貰いました。それは何を貰ったでしょうか?(答:採りたてのお野菜)」といった有名なエピソードのクイズがあったり。

終盤、さんまは「せや!俺どっかで見た事あるなと思ったら、自分(山下久美子の)婿はんやがな~!」「だいぶ前の『女性セブン』でね、結婚した写真載っとたんやぁ!君や~ん!」と布袋寅泰の妻が山下久美子だと気づき、激しく嫉妬していました(笑)