【ギャラは野菜】1983年07月31日 『WOODS CONCERT』 さが21世紀県民の森 BOØWY

BOØWY

『1983年07月31日 さが21世紀県民の森』セットリスト&MC

氷室狂介
ALL RIGHT、『IN MY HEAD』!

01.IN MY HEAD

02.IMAGE DOWN

氷室狂介
そいじゃ、シャッフルビートのラブソング『OH! MY JULLY』!

03.OH! MY JULLY(OH! MY JULLY PartⅠ)

氷室狂介
OK、ありがとう『OH! MY JULLY』。
あ~、もう、レコード出してからだいぶ経つんだけど、今度、あの~2枚目のアルバムが、さっきあの、司会の人も言ってくれてたんだけど、『INSTANT LOVE』っていうLP出ます。
カッコいいLPなんで9月に出るからヨロシク。
OH、ファーストアルバムから、スゴい、東京では人気のあった曲なんだけど、あ、九州でもうけると思います、『NO N.Y.』!

04.NO N.Y.

氷室狂介
THANK YOU、ありがとう。
兄ちゃん(ステージ前につけている『BOØWY』の幕が)取れてるゼ。
 
(スタッフが走ってきて幕をつけなおす。)

え~、2枚目のアルバムから、アフロカビリーって言ってアフロとロカビリーあわせたような事やってるんだけど、その中の、まぁ、アフロカビリーの代表曲『MIDNIGHT RUNNERS』。

05.MIDNIGHT RUNNERS

氷室狂介
THANK YOU、『MIDNIGHT RUNNERS』。
ALL RIGHT、そいじゃ、あの~次のアルバム、セカンドアルバムの中からロックンロールタイプの曲。
ビシっとノレるからみんなヨロシクね。
OK、『FUCK OFF』&『LONDON GAME』!

06.FUCK OFF(TEENAGE EMOTION)

氷室狂介
LONDON!

07.LONDON GAME

氷室狂介
OK、ありがとう。

08.GUERRILLA

氷室狂介
OK、ありがとう。
あ~次は2枚目のアルバムタイトルになっている曲『INSTANT LOVE』。

09.INSTANT LOVE

氷室狂介
OK、どうもありがとう!

【アンコール】

オーディエンス
アンコール・・・アンコール・・・。
司会
え~とね、アンコールはね拍手が揃わないとなかなかうまくいかないわけ。
アンコール!
アンコール!
・・・まだ小さい!
もういっちょ!
がんばれ!
オーディエンス
アンコール!
アンコール!
氷室狂介
OK、ありがとう。
あ~今回あの『BOØWY』初めて九州に来たんだけど、アンコールほんとありがとネ。
あ~、みんなロックほんと好きだと思うんでネ、ロックの楽しみ方ってのは十分知ってる人ばっかりだと思うんだけど、やっぱロックってのは座って聴くよりは、立って騒いだ方が面白いゼ、ヨロシク。
そいじゃ、まず、スローなナンバーから、『THIS MOMENT』。

10.THIS MOMENT

氷室狂介
OK、ありがとう。
そいじゃ、あのシャッフルビート、ビシっと立っていこうゼ立って。
OK、いくゼ、いくゼ!
XXXXX『RATS』!

 

11.RATS

氷室狂介
ALL RIGHT、『ATOMIC CADILLAC』!

(イントロミス)

OK、いくゼ、『ATOMIC CADILLAC』!

12.ATOMIC CADILLAC

氷室狂介
OK、THANK YOU、OKありがとうサイコーだゼ!

『1983年07月31日 さが21世紀県民の森』レビュー

『BOØWY』の下積み時代を象徴するエピソードとして、『BOØWY』活動中から解散後現在まで一番多くメディアで語られているであろう佐賀の祭でのライブ。

ホントに村祭りだから、広場の周りに学校の名前か何か書かれたテントとか張って、トウモロコシとか焼きそばとか焼いたりしてるからそこには人が集まってるんだけど、肝心の広場の真ん中に人がいないんだよ、全然(笑)。一応、地元のラジオ曲かなんかが入ってたんで、ちゃんとPAもあって、司会のアナウンサーとかもいたんだけど、…全然客がいない(笑)

出典:http://www.loft-prj.co.jp/interview/0403/01.html

上のような事や「子供が走り回っている中でライブした」といったような事が長年語られていましたが、いくら下積み時代でも『BOØWY』のライブでそれはないだろう、と思っていました。

しかし、近年出回ったこのライブの映像(2021年にとうとう某所にアップされましたが・・・)を観ると、メンバーが語っていたエピソードが決して誇張されたものではない事が証明されましたね。

実際、観客は数えるくらいしかおらず子供がウロチョロしている中、『BOØWY』は東京のライブと変わらず全力で歌い、演奏しており本当にカッコいいです。

観客はずっと座っていましたが、アンコールの『RATS』で氷室さんが「ビシっと立っていこうゼ立って」と促した事で、主に地元のヤンキー達がステージ前に集まってノリノリに(ツイストを踊るヤンキーも)。

BOØWY

このライブのギャラが野菜だったのは有名ですが、実際は野菜の他にお酒と帰りの高速道路代は出たようです。
また、この時にマネージャーの土屋さんは初めてメンバーに怒られたらしいです(笑)

高橋 結局「野菜もらってきた」って戻って来ちゃったから。「野菜はいいけど金は?」って怒ってね。
土屋 俺、年寄り苦手だからさ。タメくらいだったら「金出せよ」って言えるけど、お年寄りが満面の笑顔で「手作りのナスです」って言われちゃったら、何も言い返せないじゃん。…そこでメンバーに初めて怒られたかもしれないな。
高橋 土屋が二回目に行って事情を説明したら、一応高速代くらいは出してくれたんだけどね。
土屋 あと焼酎も(笑)。

出典:http://www.loft-prj.co.jp/interview/0403/01.html