【『ぼんちおさむ』に大爆笑】1985年10月07日 朝日放送 『ヤングプラザ』 BOØWY

BOØWY

『1985年10月07日 ヤングプラザ』トーク

ひみつのアッコちゃん

※氷室さん『ひみつのアッコちゃん』熱唱

ま~なんとか無理もあったみたいですけどね。
ま~あんなモンでしょうね(笑)
子供のころ観ました?
アッコちゃん。

(うなずく)

似合いませんね~(笑)

おさむちゃんで〜す!

(おさむちゃん)条件反射でパブロフの犬いけるんですよ。
誰でした?

おさむちゃんで〜す!

(高橋まことさんに向かって)変に今ウケてましたね。
好きなんすか?
お見せしますわ。
せっかく、東京から来てんやからね、すみませんちょっと。
いや、今凄い喜んだんすよ。

すんません、(おさむちゃんに向かって)「誰ですか?」(って言ってもらえます?)。

あ、あ~『BOØWY』のドラム・・・。

いや、ちゃいまんがな(笑)

おさむちゃんで〜す!

!!!

BOØWY

歌のコーナー

しかしね、あの~4人いましてね、みな個性が違いますね。

そうですね。

近いようで違いますね。

それぞれの家庭の育ちが出てるんで(笑)

あまり立派な家庭やないなっていう(笑)

いや、僕ボンボンですよ、ボンボンです(笑)

01.CLOUDY HEART

THANK YOU、ありがと。
え~、そいじゃ、美しい女の子のために贈る歌です『NO. NEW YORK』。

02.NO. NEW YORK

THANK YOU。

 

『1985年10月07日 ヤングプラザ』レビュー

この年の6月21日にリリースされたアルバム『BOØWY』のプロモーションの一環として、大阪の朝日放送『ヤングプラザ』に出演。
この時は一般にはまだ無名のバンドだったのか観客の反応もいまいちです。

冒頭、氷室京介さんによる『ひみつのアッコちゃん』熱唱という激レア場面が。
ワザと音程を外して歌い、メンバー、特に布袋寅泰さんは腹を抱えて爆笑。

次のコーナーでは当時人気のあった『ザ・ぼんち』のぼんちおさむさんのギャグ「おさむちゃんで~す!」に遠くから見ていた高橋まことさんが激しく反応、それを見た島田紳助さんがターゲット発見とばかりに高橋さんに近づきます。

「しまった!」とうなだれる高橋さんに、紳助さんが「誰ですか?(とおさむちゃんに言って)」とフリますが、なんと高橋さんは自己紹介をしてしまいます。

この日、25歳の誕生日の氷室さんは本名の『修(おさむ)』を連呼されて、どういう気持ちだったのでしょうか(笑)
自身は手を叩いて大爆笑していましたが・・・。

『CLOUDY HEART』、『NO. NEW YORK』という鉄板ソングを演奏し、紳助さんに「凄いですね~、思わず横で観ててノッてしまいました」と言わしめたパフォーマンスでした。

-最近、TV出演が、増えてきたでしょ、大阪で出演したのは、何ていう番組だった?

タカハシ ヤング・プラザ!

ヒムロ マコッチャン、主役だったよね。
本当は、マコッチャン、主人公じゃなかったはずなのに、勝手に主人公に、なっちゃってんの(笑)。一瞬、おさむチャンのこと、喰っちゃったもんね!ああいう時って、こっちの方が、恥ずかしくなっちゃうんだよな。ぼんちのおさむチャンの"おッおッおさむチャンでーす!"っていう危ないギャグがあるじゃない、あれをやってる時ね。

タカハシ ステージの脇に、ゲスト席があって、そこに座って、ゲストとぼんちのトークを見てたんですけど・・・・・・そん時、例の"おさむチャンです!"っていうギャグやってて、俺、ゲラゲラ笑ってたのね、前回の"オレたち、ひょうきん族"とか思い出して・・・・・・そしたら、丁度、目が合っちゃって・・・・・・。

ヒムロ マコッチャンに、"あんた誰ですか?"って、おさむチャンに聞いて下さいって頼まれてんのに、何を思ったか、"BOØWYの高橋です"だって(笑)。

出典:『ARENA37℃ 1985年12月号』