【かえるのうたがきこえてくるよ】1985年11月05日 『オータムフェスティバル』駒澤大学記念講堂 BOØWY

BOØWY

『1985年11月05日 駒澤大学記念講堂』セットリスト&MC

01.DREAMIN'

02.BABY ACTION

氷室京介
え~、久しぶりの東京で、学園祭っていうお祭りで、『ハートビーツ』っていうイカシタ友達と一緒に来ることができて、これだけ人間が集まって、スゴいサイコーのものになると思いますヨロシク!
OK、え~狭い所だから、ケガしないようにみんな最後まで楽しんでいってほしいと思います。
『GIVE IT TO ME』。

03.GIVE IT TO ME

04.MY HONEY

05.BAD FEELING

氷室京介
THANK YOU。
OK、そいじゃ、東京に、久しぶりに集まってくれたみんなのために、みんなのスゴく気持ちよくなれる、スゴく懐かしいナンバーを一発贈りたいと、思い、マス。

06.INSTANT LOVE

氷室京介
THANK YOU、ありがと。
布袋寅泰
スゴい、気持ちが、よいですね。
(『DANCE CRAZE 』のイントロをちょっと弾く)
え~と、ね、みんなスゴい、調子良さそうだし。
自分も、こうなんていうかな、『DANCE CRAZE』だなって思う人、手を挙げてもらいたいな。
OK、じゃディスコだと思って、4人、ぐらい一緒に踊ろっかな。
XXXXX(笑)

07.DANCE CRAZE

08.OH! MY JULLY PartⅠ

氷室京介
THANK YOU。

09.IMAGE DOWN

【間奏中】

氷室京介
OK、1階はちょっと黙ってごらん。
2階、ちょっと、言ってみて。
あ、2階人いないのか・・・あ、いる(笑)
Come on、Come on(笑)
照れない、会社で我慢して学校で我慢してココで我慢してもツマんないゼ。
Come on、Come on!
 
【ギターとボーカルで掛け合い】
【ギターと観客で掛け合い】
 
OK、じゃ紹介するゼ!
渋い男です、松井恒松!
松井恒松
かえるのぉ(笑)
氷室京介
ALL RIGHT!
原子のリズム、高橋まこと。
高橋まこと
か・え・る・の・う・た・が・き・こ・え・て・くるよ
くわくわくわくわ
けけけけけけけけくわくわくわくわ
氷室京介
OK、もっと頑張っていこう!
じゃ、『かえるのうた』を合唱しよう!
せ~の!
じゃあね、こっから、こっからまず、こっち。
こっからこっちの1階、『かえるのうた』だゼ。
いくぞ、ホラ。
 
【観客『かえるのうた』歌唱】
 
じゃあ今度はこっからこっち、あ、こっちの方が元気あるゼ。
いくゼ、1、2、3、4。
 
【観客『かえるのうた』歌唱】
 
けけけけけけけけくわくわくわくわ
OK、それじゃ今度は2階全部、いくゼ!
1、2、アレ(笑)
1、2、1、2、3、4。
 
【観客『かえるのうた』歌唱】
 
IMAGE DOWN
IMAGE DOWN(笑)
IMAGE DOWN DOWN DOWN・・・
氷室京介
THANK YOU。
え~、今日のステージはあくまでも学祭なんで、あんまりXXXXいかないと、あの、どっかのバンドみたいになっちゃうんで(笑)
え~そいじゃ、子供達から大人達へ愛をこめて、贈りたいと思います。
『TEENAGE EMOTION』。

10.TEENAGE EMOTION

氷室京介
LONDON!

 

11.LONDON GAME

氷室京介
THANK YOU。
え~と、今回、レコーディングに、え~、河口湖と、それから山中湖に行ってて、レコーディングXXXXXだけど、その忙しい中で全国ツアーっていうか学祭とかね、色々、今回『BOØWY'S BE AMBITIOUS』っていうツアーをやってて、非常に過激なスケジュールなんだけど、オレらはオレらで頑張るから、で、東京には当分来られないと思うんで、え~今日はアンコールを・・・、来られないっていうか住んでるとこは東京だから、XXXXX。
え~、本当に愛をこめて。
え~とね、それから12月の24日に、クリスマスイブに渋谷公会堂で、イカしたパーティーやりたいと思うんで、みんな当然来ると思います。
それから、その渋谷公会堂のチケットが、まぁ自慢というわけじゃないんだけど、自慢なんだけど、1日でなんか売り切れちゃったらしくて、これもみんなのおかげだと思ってます。
それで来年の、え~12日?あの日にちはまだ細かい部分までわかってないんだけど、来年の頭にみんなにもう一発コンサートをプレゼントしたいと思います。
追加公演です。
そん時もXXXXXヨロシクで。
じゃあ、え~、ライブはSEXと同じなんでお互いに熱く燃えましょう。
最後の2曲です、OK?

12.NO. NEW YORK

氷室京介
それじゃ、しばしのお別れ、ラブソング、贈ります。

13.ホンキー・トンキー・クレイジー

『1985年11月05日 駒澤大学記念講堂』レビュー

昨年に続いて駒澤大学の学園祭に出演した『BOØWY』。
昨年と違い『BOØWY'S BE AMBITIOUS TOUR』最終公演(渋谷公会堂)が即日ソールドアウト、追加公演(中野サンプラザ)が決定するなどブレイク寸前の様相を見せています。

IMAGE DOWN』ではみんなで『かえるのうた(かえるの合唱)』を歌っています。
この頃、『BOØWY』は各地の学園祭に出演していますが、他の大学でも『かえるのうた』を歌ったのでしょうか。

MCで河口湖(河口湖スタジオ)、山中湖(ミュージックインスタジオ)でレコーディングしたと言っていますが、これは10月24日から始まったアルバム『JUST A HERO』のレコーディングを指しており、この日から約4ヶ月後にリリースされる『JUST A HERO』で『BOØWY』はスターダムにのし上がる事になります。