【『氷室狂介』から『氷室京介』に改名】1984年12月06日 『BEAT EMOTION TOUR』 仙台ヤマハホール BOØWY

BOØWY

『1984年12月06日 仙台ヤマハホール』セットリスト&MC

01.BEGINNING FROM ENDLESS

02.IN MY HEAD

03.IMAGE DOWN

氷室京介
THANK YOU!
OK、あの~仙台のほう来るのは初めてなんだけど、今まで~、関西方面とか、九州とか、四国とか、あっちの方面はよく行っていたんだけど、今回あの北のほうに初めて来たという事で、え~、全開、エネルギー、バッチリためてきたんで。
OK、じゃあ、あ、え~、あんまり広くない店なんで、店、ヤマハね、え~、柵、柵も、え~、本当はココに柵があったんだけど、え~、どうもいまいち、え~◎△$♪×¥●&%できない、 それから、あの、上野動物園みたいな感じなんで、取っ払ってもらったんだけど、あ~、あくまでも楽しく、せっかくあの遠くから来たんで楽しく騒ごうゼ、OK!
ALL RIGHT、で、あ~くれぐれもケガはねしないように、前の方のヤツ◎△$♪×¥●&%。
ALL RIGHT、そいじゃ、え~男も女もたくさん来てるけど、え~、男には全く関係ない、女の子だけに贈ります『GIVE IT TO ME』。

04.GIVE IT TO ME

氷室京介
THANK YOU SO!
そいじゃ、タテノリビートのイカシタやついくゼ、『MY HONEY』!

05.MY HONEY

氷室京介
THANK YOU SO。
え~、え~と、今非常にダサい報告が入りまして、え~このままだと演奏不可能なので、え~、あのな!
ちょっと聞いてくれる?
いつの日か四国に行った時に何とかっていう、あのダサいホールでやったんだけど、え~、やっぱ今みたいに、スゴい、コレがロックのノリなんだけど、え、まあみんな出てきちゃって、で~、そのホール、オレは関係ないからもうやっちゃえ、みたいな感じでやっちゃったんだけど、え~、使えなくなっちゃったらしくて地元の、え~ロックバンドに凄い迷惑かけたんでね、で、あのこれから、ヤマハのホール、ロックのバンドに貸してやれなくなると、凄いロックバンドをやってるやつはみんな困ると思うんで。
え~、まあ、ちょっと、ほんのちょっと後ろに下がってくれるだけでも、十分アツさは伝わるようにオレらはやるつもりでいるから。

※後方に移動する音

氷室京介
であの~、動きながらちょっと時間がバカみたいにもったいないから、メンバー紹介、やります。
え~、え~、ここ東北なんで、主役を一番最後にして、まず、オレから、え~ボーカルやってます氷室京介です。
で、今まであの色んな雑誌とかにもたまに載ってたんだけど、え~みんな知ってると思うけど、キョウスケのキョウっての「狂う」っていう字だったんだけどね、え~今度から京都の京に変わって、で~あの元々ボンボン育ちなもんで、京都の京になりましたのでヨロシク。
それから、え~、オレの隣でカッコいいギター弾いてます、え~、クレイジーメーン布袋寅泰ヨロシク。
それから、隣でベース弾いてる、え~、もうオレとスゴい長い付き合いで幼稚園の頃から一緒なんだけど、スゴいいいヤツです、渋いヤツです、え~、ベースマン松井恒松ヨロシク。
OK、それから、え~、今日は彼が主役みたいなもんだけど、地元東北の生んだ星です、OK。
いつまでも、え~昔から、原子のリズムを叩いてくれています、高橋まことヨロシク。
OK、そいじゃ、え~、ん~、この間アルバムだしてからもうだいぶ時間たっちゃって、え~、ちょっとワケあってジャパンレコードってところもう今度またやめたんだけど、え~とね、今度、色々東京のヤツらにもみんなにも心配かけたんだけど、東芝EMIっていうレコード会社に替わります。
で、ジャパンに比べると全然大きい会社なんでネ、で~、せっかくカッコいいバンドなのに全然売れてないから、もったいないから、ま~来年はみんなの期待に添えるようになるとは思うケド。
ほんじゃ、その、え~東芝EMIから出す3枚目のLPの中に入る曲です、え~『MIDNIGHT DATE』。

 

06.MIDNIGHT DATE

氷室京介
OK、THANK YOU。
あ、え~とそいじゃ次、スローナンバーなんだけど、集まっている不良少年少女に捧げる歌です。
え~、『TEDDY BOY MEMORIES』。

07.TEDDY BOY MEMORIES

氷室京介
THANK YOU。

08.ROCK'N ROLL(CLOUDY HEART)

09.THIS MOMENT

氷室京介
THANK YOU。
OK、そいじゃ、え~、前の方じゃまだ、もうちょっと後ろに下がれとかすったもんだやってるけど、一切そんなん無視して、サイコーにノリのイイやついくゼOK!
『OH! MY JULLY』!

10.OH! MY JULLY Part I

氷室京介
THANK YOU!
OK、そいじゃ、昔からやってるやつこのまんまのノリでいくゼ、『NO N.Y.』!

 

11.NO N.Y.

氷室京介
THANK YOU!
え~、このままいくゼ!
え~と、東北の方は初めてなんで、最初ドキドキしてたんだけど、なんか日本中、イカれたやつらはみんなアツいヤツらなんで、OK。
そいじゃ、イカれたやつらのために、イカれたヤツの恋の歌『BABY ACTION』!

12.BABY ACTION

氷室京介
THANK YOU!
オラいくゼ!
アツいか!
ALL RIGHT!

13.TEENAGE EMOTION

氷室京介
LONDON!

14.LONDON GAME

氷室京介
THANK YOU!
え~と、そいじゃ最後の曲です。
え~、また、え~近いうちにみんなと楽しみたいと思うんで、最後だから、え~また当分会えないと思うから、めいっぱい後悔がないように、楽しんでくれよOK!

15.GUERRILLA

氷室京介
OK、THANK YOU!
楽しかったです、THANK YOU!

 

『1984年12月06日 仙台ヤマハホール』レビュー

『BEAT EMOTION TOUR』も残り2会場。
『BOØWY』にとって、初の東北地方でのライブです。

観客のノリは非常によく、「いつの日か四国に行った時に何とかっていう、あのダサいホール」と同じく主催者から演奏停止の警告を受けたようです。
※同年8月9日に行われた『高知県民文化小ホール』では、観客が椅子を壊すなどエキサイトし演奏が何度も中断。

MCでは、氷室狂介から氷室京介に変わった事、東芝EMIに移籍した事、この時点ではアルバム『BOØWY』に『MIDNIGHT DATE』が収録される予定だった事、と重大な報告をしていますね。

セットリストは『IN MY HEAD』~『IMAGE DOWN』とハイテンポなナンバーの後に、ミディアムテンポの『GIVE IT TO ME』~『MY HONEY』、シャッフルナンバー『MIDNIGHT DATE』を挟んで、スローナンバー『TEDDY BOY MEMORIES』~『ROCK'N ROLL』~『THIS MOMENT』、『OH! MY JULLY Part I』以降は、一気にハイテンポなナンバーで駆け抜ける、という非常によい構成です。

アンコールは録音されていなかっただけか、それとも主催者に止められたのかわかりませんが、確認できませんでした。

氷室狂介から氷室京介に改名の報告(音源)