【お兄ちゃん頑張るからね】1984年03月31日 『BEAT EMOTION LOFT 2DAYS~すべてはけじめをつけてから~BOØWY DAY』 新宿LOFT BOØWY

BOØWY

『1984年03月31日 新宿LOFT』セットリスト&MC

氷室狂介
HELLO!
『BOØWY』です、ヨロシク!
『IN MY HEAD』。

01.IN MY HEAD

02.GIVE IT TO ME

氷室狂介
THANK YOU!
ALL RIGHT、よく来たゼ!
OK、昨日もたくさんのヤツが集まってくれて、過激に最高にアツくステージやったんだけど、今日来てくれたみんなも、最後までビシっと楽しもうゼ!
で、一つ頼みたい事があんだけど、なにぶん狭い店だしこれだけ人数入ってあんまり過激になり過ぎてステージの上なんか上がると、機材踏んじゃったりすると演奏できなくなっちゃうんで、ステージの上だけは上がんないように。
それから、女の子も前の方にいるんでネ、あんまり前の方いくとケガしちゃうとアレなんで、前の方にあんまり押さないようにヨロシク。
OK、それじゃ、すごくオシャレな曲やります、『DO YOU WANNA DANCE?』。

03.DO YOU WANNA DANCE?

氷室狂介
THANK YOU。
ALL RIGHT、場所は狭くても、タテノリはいつでもOKだゼ。
タテノリビート、『OH! MY JULLY』!

04.OH! MY JULLY Part I

氷室狂介
OK、THANK YOU!

05.SYMPHONIC

氷室狂介
THANK YOU。
OK、そいじゃ、ここで・・・XXXXXソング、いくゼ。
『INSTANT LOVE』に入ってる、2曲違いの入ってるんだけど、ラブソングの方やります。
『OH! MY JULLY PartⅡ』。

06.OH! MY JULLY PartⅡ 

氷室狂介
え~、最近よくやる曲で、え~、『BOØWY』の中でピカイチなラブソングなんだけど・・・THANK YOU。
え~、XXXXX、いくゼベイビー!
OK、え~フワフワと女の子と暮らした事があって、とってもイカした女の子だったんだけど、結局、その女の子にフラれちゃって、まぁ、グータラグータラしてたからね、え、今じゃもう、ずっと遠い昔みたいな感じだけど、その女の子の事を歌った歌です。
『ROCK'N ROLL』。

07.ROCK'N ROLL(CLOUDY HEART)

氷室狂介
THANK YOU!
OK、そいじゃ、え~、もう去年の話になるけど、え、新宿有線で1位になった曲やるゼ。
『FUNNY-BOY』!

08.FUNNY-BOY

氷室狂介
OK、そいじゃ知ってるヤツも多いと思うけど、一時期『BOØWY』が、漢字の『暴威』から、え~、ローマ字っていうかね、アルファベットの『BOØWY』になった時に、全部ね、ファーストでやった曲は一切やらずに、あ~新しい曲ばっかりやった時あったんだけど、そん時に歌なしでインストゥルメンタル渋~い曲が1曲あるんで、その曲久々にやりたいと思います。
OK、ロックアフロカビリー!

09.DO THE AFROCKABILLY

氷室狂介
OK、そいじゃ、あ~、3月の何日だか忘れたけど、あ、3月じゃない9月か、9月の24日頃に、あの~2枚目のアルバムの『INSTANT LOVE』出してからもうだいぶ経つけど、いよいよ待望の第3弾『BOØWY』パート3、あ、作る事になりました。
それで、あ~、そん中の、あ~オレが気に入ってる曲でロックンロールタイプの曲1曲やります。
UH~『MY HONEY』、『PUSSY LADY』。

10.MY HONEY

氷室狂介
THANK YOU。
昨日から来てたヤツはもうとっくに知ってると思うけど、もっと前から来てるヤツはもう、もっととっくに知ってると思うけど、OK、原子のリズム、高橋まこと!
ALL RIGHT、そいじゃ、オレとはもう20年近い付き合いだゼ、渋いヤツ紹介するゼ、ベースマン、松井恒松!
(ドラムパフォーマンスが)自分の時より短いんだ(笑)
OK、そいじゃ、『BOØWY』の大黒柱とも言えるべきクレイジーギター、布袋寅泰!
OK、それから、今日は初めて青い化粧をしたら、失敗してあんまり気が乗らない氷室狂介ヨロシク。
OK、そいじゃさっき言ったように、新しいアルバムん中に入る曲でロックンロールやるゼ、『PUSSY LADY』!

 

11.PUSSY LADY(ハイウェイに乗る前に)

氷室狂介
THANK YOU!

12.BOOGIE(途中から)

13.ATOMIC CADILLAC

氷室狂介
THANK YOU!

14.THIS MOMENT

氷室狂介
ALL RIGHT、THANK YOU。
OK、もうちょいだ、お兄ちゃん頑張るからね、みんなも頑張るんだよ!
OK。
いくゼ、ゴリラ、ゲリラ、『GUERRILLA』!

15.GUERRILLA

氷室狂介
THANK YOU!
ALL RIGHT、そいじゃ、比較的、その真ん中から後ろのヤツが、立ってしまったまま観てるんで今度は、こっからコッチは関係なしに、コッチだけに贈るゼ。
いくゼ~、ALL RIGHT『TEENAGE EMOTION』!

16.TEENAGE EMOTION

氷室狂介
LONDON!

17.LONDON GAME

氷室狂介
THANK YOU。
あ~、そいじゃ、最後の曲だゼ。
いや?
OK、最後の曲だゼ、最後の曲だゼ、『BABY ACTION』。

18.BABY ACTION

氷室狂介
THANK YOU!
今日は本当にどうもありがと~!
THANK YOU。

【アンコール】

19.INSTANT LOVE

氷室狂介
THANK YOU!
THANK YOU、ありがとう!

【END SE(ROCK'N ROLL)】

スタッフ
え~今日はどうもありがとうございました。
え~今日のライブはこれで終わりです。
え~とお店からですけども、お店の方一旦片付けますので、お客様全員上の方にお願いします。
その後、朝の4時までパブタイムとして営業しますので、よろしかったらそちらの方お願いします。
それから、え~と上のほうで『BOØWY』のパンフレットその他を販売しておりますのでそちらの方もよろしくお願いします。
今日はどうもありがとうございました。
片付けますのでご協力下さい。

 

『1984年03月31日 新宿LOFT』レビュー

前日(3月30日)はファーストアルバム『MORAL』の曲を中心に『暴威 DAY』と銘打って当時の過激なライブを再現、翌日のこのライブは『BOØWY DAY』として、メロディアスな最新の『BOØWY』を披露しました。

この日から1年3ヶ月後にリリースされる事になるアルバム『BOØWY』に収録される『ROCK'N ROLL(CLOUDY HEART)』、『PUSSY LADY(ハイウェイに乗る前に)』、『BABY ACTION』や、シングル『ホンキー・トンキー・クレイジー』のB面に収録された『"16"』の元となった『BOOGIE』が演奏されました。

『FUNNY-BOY』は、歌詞を間違えたのかアレンジなのか不明ですが、リリース前の歌詞(勤労少年バージョン)とリリース後の正式な歌詞が交じっています。

過激な前日とは打って変わって、この日は終始和やかな雰囲気のライブでした。