【アルバム『MORAL』3】 『SCHOOL OUT』 BOØWY

BOØWY

『SCHOOL OUT』レビュー

「こういう歌詞があって、こういうことを歌いたいんだけど、何か一言で言える言葉はない?」と聞かれて、「"SCHOOL OUT"っていいんじゃない」と、言った覚えがあります。
出典:『BOØWY B to Y』 月光恵亮 インタビュー

このインタビューで当時『BOØWY』が所属していた『ビーイング』の副社長であった月光恵亮さんは『Alice Cooper』の『School's Out』について言及しており、おそらくこの曲のタイトルが頭の中にあったので氷室狂介さんに『SCHOOL OUT』というタイトルを勧めたのでしょう。
なお、『School's Out』の歌詞は「学校を爆破して木っ端微塵、永遠の夏休みだね」といった歌詞で『SCHOOL OUT』よりも過激です。

ちなみに、イントロ、間奏は『Squeeze』の『Vicky Verky』の影響を受けている、というより"そのまんま"ですね。

1983年頃のライブでは、後にリリースされる『ハイウェイに乗る前に』や、布袋さんの『RUSSIAN ROULETTE』のようなイントロにアレンジされています。

また、有名なエピソードですが、この曲に影響されて「学校を中退した」というファンが実際にいたそうです。
こういったファンからの報告に氷室さんはショックを受け、ライブハウスからホールに移行する1984年前半のライブを最後に『SCHOOL OUT』は演奏されなくなりました。
以後はメッセージ性のある歌詞を書かなくなった、と述べています。

 

『SCHOOL OUT』歌詞

作詞 作曲 編曲
氷室狂介 氷室狂介 布袋寅泰

まともにやっても ずれちゃう様な
規定と違った 哀れな奴等
決ったレールにあわない為に
二度とはがれないシール貼られる
シッポをまかず うなってみせな
*SCHOOL OUT やっちまえ 今すぐ
 SCHOOL OUT やっちまえ BOYS AND GIRLS

口とはそぐわぬ 奴等の手には
処分という名の 腐った味方
大きな顔して 説教しても
2月の終わりに ふるえる奴等
シッポをまかず うなってみせな

Repeat*

何から何まで処分でかたずける
見失なうぜ 本当の事

Out Take

まともにやっても ずれちゃう様な
規定と違った 哀れな奴等
決ったレールにあわない為に
二度とはがれないシール貼られる
シッポをまかず うなってみせな
*SCHOOL OUT やっちまえ 今すぐ
 SCHOOL OUT やっちまえ BOYS AND GIRLS

何から何まで処分でかたずける
見失なうぜ 本当の事

口とはそぐわぬ 奴等の手には
処分という名の 腐った味方
大きな顔して 説教しても
2月の終わりに ふるえる奴等
シッポをまかず うなってみせな

Repeat*

何から何まで処分でかたずける
見失なうぜ 本当の事

MORAL(K2HD/紙ジャケット仕様)

MORAL(K2HD/紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:BOΦWY
  • ビクターエンタテインメント
Amazon