【アルバム『MORAL』4】 ELITE(エリート) BOØWY

BOØWY

『ELITE』レビュー

ライブでは「だらしねえ会社員に贈るゼ!」と叫び、歌われていたこの曲。

『デスペナルティ』としてデビューできるとの事で上京するも、事務所の方針でバンドは解散、やりたくもない『スピニッヂ・パワー』のボーカルをさせられ・・・この時氷室狂介に関わったサラリーマンは、『ELITE』で歌われているようなゴマすりサラリーマンがたくさんいたのでしょうか。

この曲を初め、アルバム『MORAL』の氷室が作詞した曲は『スピニッヂ・パワー』時代の積もりに積もった不満が爆発しているように思えます。

メロディは『Devid Bowie』の『Don't bring me down』そのままですね。

『ELITE』歌詞

作詞 作曲 編曲
氷室狂介 氷室狂介 布袋寅泰

住宅ローン 可愛い子供
ちょっと ちょっと世界が違うぜ
同じレールにうまくはまれば腰をおろして
少しお休みさ
あきれるぜ 幸せなんだね
イヤなのさ お前等の事さ
チョット! チョット! チョット!
吐き気がするぜ
いつも頭の中は いっぱいさ
他人をケオトス事で
エリートさ カッコがいいぜ

*お前等 いい思いをしてる奴を真似るだけじゃ
 イヤなのさ スキがあれば足を引っぱって
 苦しむ顔を見たくてウズウズ
 そのくせ決まった顔で道徳を気取りやがって
 自分に火の粉がかかりゃ
 置きざり裏切り何でも OK!

Repeat*