【『未発表曲』2】 MARIONETTE(マリオネット) BOØWY

BOØWY

『MARIONETTE』レビュー

後にシングルとしてリリースされ大ヒットした同名曲とは異なる楽曲です。

1982年10月に『BOØWY』を脱退した諸星アツシが作曲した事から、諸星バージョンと呼ばれています。

ベースラインは『BOØWY』の曲の中では珍しいジャズ/ロカビリー風のウォーキングベースで、松井恒松は後年のダウンピッキングオンリーではなくフィンガー奏法で演奏していたと思われます。

『暴威』初期のライブから演奏されていましたが、音楽的路線を変更した1982年9月9日の『渋谷PARCO PARTⅢ』のライブから演奏されなくなりました。

 

『MARIONETTE』歌詞

作詞 作曲 編曲
氷室狂介 諸星アツシ 不明

テレビをつけりゃいつもの顔が
仮面の下でニヤリと笑う
そんなことさえ見ぬけねぇ奴は
いつの間にやら奴らの手の中

*BAD NEWS NO REACTION
 このまま行ったら最後は
 そしたら俺たちゃMARIONETTE
 このペースじゃヤバイぜまったく

海の向こうで奴らが叫ぶ
海のこっちで誰かが笑う
デカイ電波も奴らの音さ
上の奴らは高見の見物

Repeat*

**UH! UH! AH! AH! 奴らが
**UH! UH! AH! AH! 脅せば
**UH! UH! AH! AH! 俺たち
**UH! UH! AH! AH! ヤバイぜ

Repeat**
(×3 Times)