【『未発表曲』1】 NO FAME(ノー・フェイム) BOØWY

BOØWY

『NO FAME』レビュー

『暴威』結成時から数回ほど演奏され、おそらくですが1982年5月11日の『渋谷屋根裏』を最後に演奏されていない未発表曲の中ではレア度が高い曲です。

『NO PAIN(ノー・ペイン)』なのか『NO FAME(ノー・フェイム)』なのか意見がわかれる曲で、WikiPediaでは『NO PAIN』派と『NO FAME』派がちょっとした編集合戦を繰り返しています。

NO FAME

 『NO PAIN』を訳すると「痛みはない」、『NO FAME』を訳すると「名声がない」「有名ではない」で、歌詞を読むと『NO FAME』の方があっていると思います。

そして、音源を聴くと明らかですが、氷室狂介はMCで明らかに「ノーフェイム」と言っており、サビの煽りでも「ノーフェイム」と言っていますし、コーラスも「ノーフェイム」「ノーペイン」とは言っていません。

どう聴いても『NO PAIN』とは聴こえないので、当サイトは『NO FAME』を採用いたしました。

『NO FAME』歌詞

作詞 作曲 編曲
不明 不明 不明

何が欲しくて 何ができるって
それをわからず 流されて

別に不満も ありはしネェ
ただ明るい 明日もありはしネェ

一人グラスに溺れて 自分の好みも
忘れ捨て去りとぼけて 幸せそうな顔する

誰もやること探し続けて それも追いかけダマされる
何かヤること探して 気持ちイイこともしねぇ ガキもしねぇ

*一人グラスに溺れて 自分の好みも
 忘れ捨て去りとぼけて 幸せそうな顔する

**NO FAME 一人で浮いていると
  NO FAME 不安でたまらなくなって
  NO FAME 周りと同じでなけりゃ
  NO FAME ヤバいと思い込んでる

誰もやること探し続けて それも追いかけダマされる

Repeat*
Repeat**

NO FAME 一人で浮いていると
NO FAME 不安でたまらなくなって
NO FAME 周りと同じでなけりゃ
NO FAME ヤバいと思い込んでる