【『BOØWY』はパンクじゃありません】1983年11月20日 神戸CHICKEN GEORGE BOØWY

BOØWY

『1983年11月20日 神戸CHICKEN GEORGE』セットリスト&MC

【第1部】

氷室狂介
『IMAGE DOWN』!

01.IMAGE DOWN

02.SCHOOL OUT

氷室狂介
OK、THANK YOU!
ALL RIGHT、それじゃ、OH、集まってくれたレディース諸君に贈ります『GIVE IT TO ME』。

03.GIVE IT TO ME

氷室狂介
OK、THANK YOU!
ALL RIGHT、じゃビシっと続けていくゼ『RATS』!

04.RATS

氷室狂介
OK、ファーストアルバムから人気ソングいくゼ『NO N.Y.』!

05.NO N.Y.

氷室狂介
OK、THANK YOU!
OH、ALL RIGHT、せっかく神戸の方、みんな集まってくれたんだから、ビシっと、騒ぐゼ。
それじゃ、イカれたヤツXXXXX『BOOGIE』。

06.BOOGIE

氷室狂介
AH、イカしたラブソングです『ROCK'N ROLL』。

07.ROCK'N ROLL(CLOUDY HEART)

氷室狂介
OK、THANK YOU。
え~、あの、東京に新宿って所があんだけど、AH、みんな知ってると思うけどネ、新宿有線っていう所があって、そこで、カッコいい曲最近、よく流れてるんだけど、どこかで聴いた事のある歌です、BOOWYの歌です『FUNNY-BOY』。

(イントロミス)

OK、OK、いくゼ、OK?
『FUNNY-BOY』!

08.FUNNY-BOY

氷室狂介
OK、THANK YOU!
そいじゃ、AH、1部の最後の曲なんだけど、ラブソングのナンバーです。
ラブソングで、かわいいかわいい女の子の歌『MY HONEY』。

09.MY HONEY

氷室狂介
ALL RIGHT、THANK YOU、ありがとう。
みんな、なんか元気が余ってるみたいだけど、せっかく、8時間車に揺られて、神戸のヤツとアツいライブ、楽しもうと思って来たから、2部もビシっとキメようゼ、OK。

【第2部】

氷室狂介
オレも、みんなも元気いっぱいライブ終わった後、力余っちゃうと思うんで、ビシっとロックンロールナンバー続けていきます『ATOMIC CADILLAC』。

10.ATOMIC CADILLAC

氷室狂介
OK、THANK YOU。
OK、それじゃ、AH、スローナンバー1曲、『THIS MOMENT』。

 

11.THIS MOMENT

氷室狂介
OK、THANK YOU。
ALL RIGHT、シャッフルビート『OH! MY JULLY』!

12.OH! MY JULLY PartⅠ

氷室狂介
OH、『IN MY HEAD』。

13.IN MY HEAD

氷室狂介
ALL RIGHT、『BABY ACTION』!

14.BABY ACTION

氷室狂介
ALL RIGHT、ありがとう。
それじゃ、9月の25日にセカンドアルバム『INSTANT LOVE』出ました。
その中からロックンロール『TEENAGE EMOTION』&『LONDON GAME』。

15.TEENAGE EMOTION

氷室狂介
LONDON!

16.LONDON GAME

氷室狂介
ALL RIGHT、ありがとう!
OK、そいじゃ、ファーストの中から・・・。
オーディエンス
『ON MY BEAT』!
氷室狂介
NO、NO、NO(笑)
え~、XXXXXX『GUERRILLA』!

17.GUERRILLA

氷室狂介
OK、ありがとう。
それじゃ、最後の曲やります。
今回の、LPのタイトル曲『INSTANT LOVE』。

18.INSTANT LOVE

氷室狂介
OK、どうもありがとう、THANK YOU!

【アンコール】

19.MIDNIGHT RUNNERS

氷室狂介
OK、THANK YOU、どうもありがとう!
神戸のヤツらはエンジンかかるの遅かったけど、最後にはビシっとアツくなってくれてホント、また来ようと思います。
どうもTHANK YOU、ありがとう!

【アンコール2】

氷室狂介
AH、OK、そいじゃ『BOØWY』の事を、ちょっと、パン、パンクだってね誤解しているヤツまだそこらにたくさんいるけど、『BOØWY』はパンクじゃありません、OK。
そいじゃ、オレ達のファーストアルバムの中からサイコーにイカしてる曲、パンクじゃねーゼ『ON MY BEAT』!

20.ON MY BEAT

氷室狂介
ALL RIGHT、THANK YOU!
OK、ありがとう!
え~と、そいじゃね、まぁ、ファーストアルバムも、セカンドアルバムも、全部入ってる曲はね、みんなかわいい『BOØWY』の曲です。
まぁ色々ね、好き嫌いあるけど、もう1曲。
OK、そいじゃ、バンドのメンバーも一番気に入ってる曲やります。
さっきもやったけど、あんまり曲できないんで『NO N.Y.』!

 

21.NO N.Y.

氷室狂介
THANK YOU、EVERYBODY、どうもありがとう!

『1983年11月20日 神戸CHICKEN GEORGE』レビュー

アルバム『INSTANT LOVE(1983年09月25日リリース)』リリース前に契約したレコード会社『ジャパンレコード』が『徳間音楽工業』に吸収されて『徳間ジャパン』となった影響で、『BOØWY』の宣伝費が全てカットされる事態に。

また、この年の9月1日付けで所属事務所『ビーイング』から独立して『Ø-CONNECTION』を設立、立ち上げたばかりで資金もないという状況の中、自分達で手書きのポスターを作り、ブッキングをし、ハイエースで地方のライブハウスを回り・・・、そんな状況の中で行われた『BOØWY』初の神戸でのライブ。

MCからもわかるように第1部はあまり盛り上がっておらず、曲が終わっても歓声はなくまばらな拍手でしたが、第2部はアップテンポなナンバーが多かったこともあり、最終的にはアンコールが2回実施される盛り上がりとなりました。

ちなみに1回のライブで『NO N.Y.(NO. NEW YORK)』が2回演奏されたのは、この日の他にデビューライブと『LAST GIGS』2日目があります。