【『アナーキー』と共演】1983年04月30日 『AFROCKABILY LIVE Vol.1 BOØWY & HØRNS 100% BEAT』新宿LOFT BOØWY

BOØWY

『1983年04月30日 新宿LOFT』セットリスト&MC

01.DO THE AFROCKABILLY

02.RATS

THANK YOU!

03.IMAGE DOWN

THANK YOU!

04.NO N.Y.

OK、THANK YOU SO!
THANK YOU!
OH、久しぶりだゼ!
OK、『IN MY HEAD』。

05.IN MY HEAD

THANK YOU。

06.BABY ACTION

OK、THANK YOU!

07.MORAL

OH、THANK YOU。
OK、そいじゃ、みんなに贈るゼ、ラブソング『MY HONEY』。

08.MY HONEY

THANK YOU SO。
ALL RIGHT、ほいじゃ、もうだいぶ古いアルバムになるけど、まぁ『BOØWY』は1枚しかアルバム出してないけどネ、3月の21日に出したアルバム、『MORAL』の中から、OK、女の子達に贈るぜ『GIVE IT TO ME』。

09.GIVE IT TO ME

THANK YOU!
ALL RIGHT、『INSTANT LOVE』!

10.INSTANT LOVE

OK THANK YOU。
次の歌、『FUNNY-BOY』ってんだけど、あ~唐突だけどサ、だいたい18ぐらいからね、25ぐらいまでみんな一所懸命仕事やってるヤツいると思うんだけど、ま、それぞれサ、みんな一人一人がみんなマジメに真剣に生きてると思うんだよネ。
そんなヤツらのための歌です『FUNNY-BOY』。

 

11.FUNNY-BOY

12.FUNK POP(SYMPHONIC)

BOØWY

OK、THANK YOU。

13.BOOGIE

THANK YOU!
OK、今回から、『BOØWY』はアフロカビリーっていう名前で銘打ってるけど、OK、代表する曲『ATOMIC CADILLAC』!

14.ATOMIC CADILLAC

OK、じゃ、次の曲はね、『T-REX』ってみんな知ってると思うけど、『T-REX』の中の『Easy Action』、それもまた、みんなのよく知ってるやつだと思うゼ、OK、『アナーキー』逸見!
ALL RIGHT、OK、人数の多い割にはステージの上まで揺れねえゼ!
『アナーキー』に笑われるゼ!
いいな!
ALL RIGHT、『EASY ACTION』!

15.SOLID GOLD EASY ACTION

OK、THANK YOU。
マリ(逸見さんの愛称)でした、もう一度拍手!
2月からだいぶ休んじゃったけど、久しぶりにライブやって、これだけ集まってくれて嬉しいゼ。
OK、じゃ、今ひとつみんな体動かしてなかったせいだろ、ノリがココまで伝わらねえゼ。
OK、そいじゃ、みんなよく知ってる曲やるゼ『OH! MY JULLY』。

16.OH! MY JULLY(OH! MY JULLY PartⅠ)

OK、TAHNK YOU!
ALL RIGHT、そいじゃ、最後の2曲だゼ、ビっといくゼ『LONDON GAME』&『FUCK OFF』!

17.FUCK OFF(TEENAGE EMOTION)

LONDON!

18.LONDON GAME

OK、BABYどうもありがとう!
また来るゼ!

【アンコール1】

OK、あと1曲ビシっといくゼ!
OK『GUERRILLA』!

19.GUERRILLA

OK、THANK YOU、ありがとう!

【アンコール2】

OK、どこまでもいっちゃうゼ!
『MIDNIGHT RUNNERS』、OH『MIDNIGHT RUNNERS』!

20.MIDNIGHT RUNNERS

『1983年04月30日 新宿LOFT』メモ

計5回開催されたシリーズGIG『AFROCKABILY LIVE』の第一回目。

裏ビデオなみに画質の悪い映像が出回っている。

7曲目の『MORAL』は氷室が一旦ステージから捌け、残りのメンバーで本来よりもスローテンポなインストゥルメンタルとして演奏、終盤に氷室がステージに再登場して「人の不幸は大好きサ」を連呼するという謎アレンジ。

『FUNNY-BOY』と『FUNK POP』では『BOØWY』Tシャツを来た日大ジャズ研の二人組が登場し管楽器を演奏、かつて6人編成だった頃を彷彿させるステージを披露。

15曲目の『T-REX』のカバーでは『アナーキー』のギター逸見泰成と共演。
※逸見は『PERSONZ』JILLの元夫で、この日から約3年後、この新宿LOFTでJILLを包丁で刺す、という事件を起こす。