【『布袋寅泰』バンド結成】 『キティ』『ジギー・リギー』

布袋寅泰

『キティ』結成

1977年1月29日、新島学園中等部3年の布袋寅泰は前橋市の体育館で開催された『エアロスミス』のコンサートに行きます。
※このコンサートには当時高校1年で布袋と知り合う前の松井恒松も来ていました。

コンサートが終わった後、当時新島学園高等部に在籍し、後にクラブ界の大御所DJと言われる小林径に声をかけられ、意気投合してバンド『キティ』を結成(小林はボーカル、布袋はギター)。

同年4月、新島学園高等部に入学した布袋は引き続き『キティ』で活動。
新島学園の学園祭、公民館や地元施設などでコンサートを開きました。

あんまり言いたくないんですけど、布袋寅泰ってヤツと一緒にバンドをやってて(笑)
彼はボクよりちょっと下なんですけど、高校が一緒で。
オレの方が先輩だったんで、割といろいろ教え・・・たっていうほどじゃないんですけど、ニューウェイヴの走りみたいな変なヤツとか聴かせたりしてて。
そのバンドはロキシー・ミュージックみたいなのやってたんですけど。
当時はやっぱりディープ・パープルとかツェッペリンみたいなのをやるのがマトモで。
ジェフ・ベックとかやってればちょっとすごい、って感じだったんで。
割とボクらはヒネてましたよね。

出典:20世紀に連れてって No.5

 

『ジギー・リギー』結成

1978年4月、『キティ』は小林ら中心メンバーの卒業により自然消滅したため、布袋はクラスメイトと『ジギー・リギー』を結成します。

メンバーは後に『BOØWY』でサックスを担当する深沢和明、現在、群馬テレビ取締役制作局長の中川伸一郎(アルトサックス)など、10人編成の大所帯でした。

ちなみに、深沢は『ジギー・リギー』結成時にはサックスを所有しておらず、質屋巡りをしてサックスを購入した、というエピソードも。

高崎市のヤマハ音楽教室に併設されたホールでアマチュアバンドが集まってライブをやっており、『ジギー・リギー』は、後に『BOØWY』のマネージャーとなる土屋浩がボーカルを務める『ウィークリー』と人気をニ分していました。

その後、氷室京介、松井恒松、諸星アツシで結成したバンド『デスペナルティ』も参加し、人気を得る事になります。

ー布袋さんの印象はどうでした?

異質でしたね。
あの身長で、茶髪のロン毛。
眉毛もなかったし。
ジギーリギーはグラムロックをやっていたわけなんだけど、当時の僕にはわからない世界だった。
「なんだろ、こいつら気持ち悪いな」みたいなのが第一印象だった。

出典:『記憶』 松井常松

布袋は『ウィークリー』の土屋と仲良くなり、翌年、新たなバンド『BLUE FILM』を結成します。