【高橋まこと『暴威』加入後初ライブ】1981年06月02日 『LOFT DAY』 新宿ロフト 暴威

高橋まこと

『1981年06月02日 新宿ロフト』セットリスト&MC

※音源未所持のため不明

『1981年06月02日 新宿ロフト』レビュー

この日は『LOFT DAY』というデモテープ審査に通過した新人バンド達が出演するデイタイムのライブで、『暴威』はゲストとして出演、高橋まことにとっては『暴威』加入後の初ライブでした。

ロフトが発行しているフリーペーパー『ルーフトップ』の1981年6月号には、この日のライブ告知を兼ねて以下の『暴威』の紹介記事が掲載されていました。

暴威ーBOØWYー

~立ち上がれ、偽善者達の仮面を剥ぐために!!~

現代社会の裏側には、慣習という名の法律が今もはびこり、青春を虫ばみつづけている。若者達は心のどこかで、いつも戦いながらも、やがてその見えない法律に屈服し、不条理な暴力を大人という肩書のもとに自ら行なうようになっていく。その戦いを勝利に導く為に暴威<BOØWY>は登場したのだ。(原文ママ)

出典:『スネア』高橋まこと

この日、リハーサルが押していた事で氷室狂介がシビレを切らしロフトの店長である長沢幹夫と一触即発になりかけますが、長沢は高橋の高校時代の同級生の弟という事が判明、事なきを得る事ができた、というエピソードがあります。

あと俺がやめる頃に、暴威(後のBOØWY)が新人オーディションのゲストかなんかで来てた。で、いきなり氷室とケンカをしたというね(笑)。今日は新人dayか、って店入っていったら、リハが押してたらしくて、氷室がワーワー言ってて、早くやらせろ、みたいな。ちょっとまってくれよって言ったら、「お前は誰だよ!」って始まったから、「俺はここの店長だ、文句あるかよ!!」ってな感じで(笑)。一触触発になりかけた所に、(ドラムの高橋)まこっちゃんが降りてきて、「あれぇ!?」って。まこっちゃんて同郷で、兄貴の同級生、しょっちゅう家に遊びに来てたんですよ。もう全然なごんじゃって(笑)。あれはおかしかったですね。

出典:長沢幹夫 – ロフトアーカイブス