【アルバム『BOØWY』リリース前日の地元凱旋ライブ】1985年06月20日 『BROTHER TO BROTHER』 高崎市文化会館 BOØWY

BOØWY

『1985年06月20日 高崎市文化会館』セットリスト&MC

01.BEGINNING FROM ENDLESS

02.IMAGE DOWN

03.GIVE IT TO ME

04.MY HONEY

氷室京介
THANK YOU。
あ~、久しぶりの高崎で、え~、こんな集まってくれてほんと嬉しいデス。
え~と、今回レコーディングをベルリンの方でしたんだけど、◎△$♪×¥●&%、いいアルバムに仕上がって、みんなもう予約してると思うけど(笑)
その中からイカした曲何曲か聴いてもらいたいと思います、『DREAMIN'』。

05.DREAMIN'

氷室京介
THANK YOU。

 

06.黒のラプソディー

氷室京介
THANK YOU。

07.BAD FEELING

氷室京介
OK、THANK YOU!
え~、え~と、さっき言ったあの、ベルリンでレコーディングしてきた中に、え~、すごい昔からやっている曲が、知ってのとおり、(ファンの歓声)うるせえな(笑)
◎△$♪×¥●&%いけないヨ(笑)
え、え~と、あ~の、うるせえな(笑)
え~と、な、何を言おうとしているのか忘れちゃったヨ。
え~昔からやっていたすごい古い曲なんだけど、え~16、17くらいの時に作った歌を今回、面白いから入れようってことで、入れた曲なんだけど、その曲、聴いてもらいたいと思います。
え~、とってもシブいやつです、『CHU-RU-LU』!

08.CHU-RU-LU

氷室京介
THANK YOU。
そいじゃ、昔から、やってるやつで、◎△$♪×¥●&%今回のアルバムにやっと入った曲いくゼ。
ALL RIGHT 『BABY ACTION』!

09.BABY ACTION

氷室京介
THANK YOU!

10.ハイウェイに乗る前に

氷室京介
THANK YOU。
もう、高崎もこれで3回目のコンサートホールなんで、色々『BOØWY』の事詳しいヤツもいるかもしれないけどネ。
え~、『BABY ACTION』と同じように、古くからやってた曲で名曲って呼ばれている曲があって、なんか今日、曲紹介のプロモーションで来たみたいだけど(笑)
え~、 そのシブい歌だってね、今回絶対に入れたいって曲でしたね、ラブソングです、ロックンロール『CLOUDY HEART』。

 

11.CLOUDY HEART

12.THIS MOMENT

布袋寅泰
楽しんでますか?
はい、◎△$♪×¥●&%(笑)
え~っと、今回あの新しいアルバム『BOØWY』の中で1曲歌わしてもらったんで、その曲をご披露したいと思います。
OK、『DANCE CRAZE』!

13.DANCE CRAZE

14.SYMPHONIC

氷室京介
THANK YOU。
OK、それじゃ、え~、ここまでちょっと知らない曲ばっかりだと思うんで、◎△$♪×¥●&%、今度はみんなのよ~く知ってるロックンロールを贈るぜ、いくぜ!
OK、『OH! MY JULLY』!

15.OH! MY JULLY Part I

氷室京介
THANK YOU!

 

16.NO. NEW YORK

17.GUERRILLA

氷室京介
THANK YOU!

18.TEENAGE EMOTION

氷室京介
LONDON!

19.LONDON GAME

氷室京介
THANK YOU!
OK、そいじゃ、せっかくノってきたところで悪いんだけど、最後の曲です。
『INSTANT LOVE』。

20.INSTANT LOVE

氷室京介
THANK YOU!
ありがと。

【アンコール】

氷室京介
THANK YOU。
え~、久しぶりに帰ってきた高崎は、◎△$♪×¥●&%(笑)
え~、久しぶりに帰ってきた高崎は、サイコーです。
え~、6月の1日に、初めてのシングルが出たんだけど、恥ずかしながら、カッコイイ曲なんでね、え~っと・・・。
女性1
松井ちゃ~ん!
オーディエンス
松井~!
氷室京介
OK、そいじゃ 結構みんな反響があるんでメンバー紹介します。
え~、いつもこっちからいくんだけど、今日は真ん中からじゃあいきます。
最近あの、ヒゲを生やして、年相応◎△$♪×¥●&%。
え~、原子のドラム、高橋まこと!
OK、それから、今回あの、初めてレコードでコーラスをやってます、ベース、シブい男です、松井恒松。
え~、それから今度のアルバムで1曲歌を歌ってスゴいあの、カッコいい歌を歌っています、布袋寅泰。
え~、それから最後に、オレは、歌を歌わせていただきます、氷室京介です。
そいじゃ、あの、みんなの買った、6月1日に出た『ホンキー・トンキー・クレイジー』OK!

21.ホンキー・トンキー・クレイジー

氷室京介
THANK YOU。
THANK YOU。
また来るゼ!

22.OUR LANGUAGE(SE)

 

『1985年06月20日 高崎市文化会館』レビュー

同年4月13日にマスコミに招待状を送った『赤坂ラフォーレミュージアム』でのコンベンションライブ以来、アルバム『BOØWY』リリース前日に地元(高橋まこと以外)高崎市で行われたライブで、『BOØWY』からは『唇にジェラシー』以外の曲が披露されています。

氷室京介のMCでは、アルバム『BOØWY』に『デスペナルティ』時代の曲(『CHU-RU-LU』)を入れたら面白いということで収録したこと、初期から演奏されていたパンキッシュな『もうヤダBABY』がアレンジを変え『BABY ACTION』としてやっと収録されたこと、力をこめて「絶対に入れたい曲」と言った思い入れのある曲『CLOUDY HEART』が収録されたことなどを語っています。

この時期のライブは『THIS MOMENT』の後、布袋寅泰以外のメンバーは休憩して『DANCE CRAZE』に行く流れが定番です。

『SYMPHONIC』は讃美歌?のSEを流してからイントロに入る、という珍しいアレンジになっています。

地元のライブという事もあり、知人も観に来ていたのでしょう。
MCにちゃちゃを入れて、氷室がそれに答える場面も(音質の関係で聴き取れませんでしたが)。

そして、地元ファンの盛り上がり方が凄いのはもちろんですが、特に松井恒松人気が凄かったです。