【『氷室京介』幻のデビュー曲】 『CHU-LU-LU』 寺西修 & VOICE

寺西修

『寺西修&VOICE』結成

寺西修(氷室京介)と松井恒二(松井恒松)が在籍のアマチュアバンド『デスペナルティ』は、1979年8月25日 に開催されたヤマハ主催の『East West '79』本選大会で入賞、当時新興音楽事務所だった『ビーイング』から声がかかり群馬県から上京。

しかし、事務所の方針で『デスペナルティ』は解散、『寺西修 & VOICE』という氷室のソロ名義の形でデビューする方向性にまとまり、ボーカルは氷室、ベースは松井、ドラムは後に『バービーボーイズ』のドラムになる小沼俊明を中心としたメンバーでレコーディングを開始します。

曲は『East West '79』で演奏した『ブルー・シガレット・ラブ』を原曲とした『CHU-LU-LU』。

しかし、出来がいまいちという事で、プロのアレンジャーが入り、スタジオミュージシャン演奏の上に氷室の歌が乗る、という形であらためてレコーディング。

この時のアレンジャーはおそらく清水信之でしょう。

清水信之

出典:Nobuyuki Shimizu (@ddsstudio) | Twitter

『CHU-LU-LU / 捨てちまえ』リリース

その後、氷室は『スピニッヂ・パワー』にボーカルとして加入、松井と小沼は『織田哲郎 & 9th IMAGE』のベース、ドラムとして加入します。

 

レコーディングから数ヶ月後の1980年5月に『寺西修 & VOICE』のデビューシングル『CHU-LU-LU / 捨てちまえ』がリリースされます。

寺西修&VOICE

『CHU-LU-LU』は後年、『CHU-RU-LU』として『BOØWY』の楽曲となり、3rdアルバム『BOØWY』に収録される事になります。