【アルバム『MORAL』7】 『MASS AGE』 BOØWY

BOØWY

『MASS AGE』歌詞

作詞 作曲 編曲
氷室狂介 布袋寅泰 布袋寅泰

お前ら乗ろうと乗るまいと俺には全然
関係ねェ
仕事だなんて思っちゃいねェ
お前らと一緒に騒ぎたいだけさ
*熱くなる事も知らねェ奴の気げんをとって
 右手をあげて下さいなんて言いたくねェぜ
 たいした事も出来ねェくせに 気取った奴ら
 そんな奴らは どこかに消えな
 邪魔になるだけ

お前ら すかした顔しててもちょっとは
どこかが熱いはずさ
お前らみたいなカスでも出来る
レールにはまって走る事
大した事も出来ねェくせに わかった顔で
腰をおろすのは まだまだ先でも
間にあうはずさ
理屈じゃねェさ その時間だけが
おもしろかったら
それでいいだろ つまんねェ事は
忘れちまいな
WOO WOO WOO WOO WOO WOO
(×4 Times)
Repeat*
WOO WOO WOO WOO WOO WOO
(×4 Times)

『MASS AGE』メモ

6人編成の暴威時代の代表的オープニングナンバー。
出典:『別冊宝島 音楽誌が書かないJポップ批評18 BOØWYと「日本のロック」

「MASS AGE」は、"メッセージ"かなと思っていたら、"マスターベーション・エイジ"で"マス・エイジ"。
氷室の発想なのですが、ユニークだと思いましたね。
彼は、世の中を斜に見させたら天下一品だと今も思ってます。
出典:『BOØWY B to Y』 月光恵亮