【『じゃりン子チエ』にライブ告知】1982年05月11日 渋谷屋根裏 BOØWY

BOØWY

『1982年05月11日 渋谷屋根裏』セットリスト&MC

01.MASS AGE

THANK YOU BABY、ありがとう『SCHOOL OUT』!

02.SCHOOL OUT

THANK YOU、ありがとう!
『WATCH YOUR BOY』!

03.WATCH YOUR BOY

OH、ありがとう、THANK YOU!
こんなにたくさん集まってくれて嬉しいゼ!
最後まで『BOØWY』のライブ騒ごうゼ!
OK、ほいじゃレディースに贈ります、『GIVE IT TO ME』!

04.GIVE IT TO ME

THANK YOU、ありがとう、『GIVE IT TO ME』。
OK、ほいじゃ、会社員に贈ります、『ELITE』!

05.ELITE

OK、THANK YOU!
ありがとう、THANK YOU!
ほいじゃ、3月21日に出ましたLP、『MORAL』の中から『MORAL』!

06.MORAL

ありがとう!
YEAH!
OK、XXXXX。
水ちょうだい!
お水ちょうだい!
そしたら、OH、イカした、あの、男紹介します。
事務所の、オレ達のマネージャーやってくれてます、三宅君!
拍手!
OK、彼の得意なのは三宅スマイル!
今日はその三宅スマイル見せてくれるゼ、三宅スマイルです、コレが!
OK、ほいじゃ、その次の曲は、『NO FAME』。

07.NO FAME

OK、WOO、THANK YOU!
それじゃ、調子のいいヤツらに贈るゼ、『RATS』。

08.RATS

OK、THANK YOU、どうもありがとう!
ほいじゃ、OK、ちょっとお水くれる?
いっぱい持ってきて。
そいで、次の曲なんだけど、みんなの好きな『IMAGE DOWN』。
OK、ほいじゃ『IMAGE DOWN』いく前に、みんなの元気確かめるゼ!
YEAH!

YEAH!

YEAH!

YEAH!

OK!
ほいじゃ、『IMAGE DOWN』!

09.IMAGE DOWN

THANK YOU、BABY!
OK、ありがとう!
OK、ほいじゃ、次の曲『MARIONETTE』。

10.MARIONETTE

THANK YOU、THANK YOU、『MARIONETTE』THANK YOU。
オマエ達に贈る歌です!

 

11.DAKARA今は(DAKARA)

OK、THANK YOU、ありがとう!
そいじゃ、あの、オレ達のバンドがたった一つだけ持ってますラブソング『たった一つのLOVE SONG』。

12.たった一つのLOVE SONG(たった一度のLOVE SONG)

OK、THANK YOU、『たった一つのLOVE SONG』。
OK、そしたら、次は、え~、『HOTEI’S NEW』・・・。

13.FUCK OFF(TEENAGE EMOTION)

14.LONDON GAME

ありがとう、TAHNK YOU!
ほいじゃ、え~、最後のほうになってきたゼ。
『GUERRILLA』&『ON MY BEAT』!

15.GUERRILLA

TAHNK YOU、『ON MY BEAT』!

16.ON MY BEAT

THANK YOU、ありがとう、THANK YOU、BYE BYE!

【アンコール】

THANK YOU、今日は本当に最後までハッピーだったゼ!
THANK YOU、BABY!
OH、この次は、14日に『(渋谷)Egg-man』でやるんでヨロシク!

その次はどこ?

OK、29日に『(新宿)LOFT』でやるんでヨロシク!

全部行っちゃうよ(笑)

ほいじゃ、今日はオマエ達のために、いい曲を2曲とってあるゼ。
OK、『MIDNGHT RUNNERS』&『NO N.Y.』!

17.MIDNGHT RUNNERS

THANK YOU、THANK YOU、BABY。
ほんじゃ、『NO N.Y.』、XXXXX!

18.NO N.Y.

THANK YOU、ありがとう!
幸せです、感謝します!
OK、『ENDLESS』!

19.ENDLESS

THANK YOU、オヤスミ。

『1982年05月11日 渋谷屋根裏』メモ

MCで次のライブが5月14日『渋谷Egg-man』、その次が5月29日『新宿LOFT』と言っているので、このライブは5月11日『渋谷屋根裏』で間違いないだろう。

公式サイト『BOØWY HUNT』に掲載されているこの日のセットリストでは、『DAKARA』は『DAKARA今は』とクレジットされている(「声の限り吼えるのサ」バージョンが歌われている)。

また、この時期、複数のライブで氷室は『たった一度のLOVE SONG』を『たった一つのLOVE SONG』と紹介している。

『FUCK OFF(TEENAGE EMOTION)』は『HOTEI’S NEW』と紹介され、サビ以外全てデタラメ英語。

この記事のトップ画像をよく見ると「お知らせ!!来る5/11(火)渋谷屋根裏 BOØWYのライブがあります 来てね!!」という紙が貼ってある事が確認できるが、これは1982年6月18日に放映された『じゃりン子チエ』第31話「浪花の華!地獄組大乱闘」のワンシーン。

他の放送回でも背景に『BOØWY』の文字や『MORAL』の告知が描かれていたり・・・当時の『じゃりン子チエ』制作スタッフにデビュー間もない『BOØWY』のファンがいたのだろう。

渋谷だと、屋根裏かな。
3階まで続く階段があって、1階がパチンコ屋で、2階がキャバレーで、一番上に屋根裏があるんだけど、アンプとか運ぶのが重くてさ。
2階で休んでると、おねえさんが来て「ちょっと寄ってきなさいよ」「いやー、お金ないっすよ」とか言って。
「今日ここでライブがあるんですよ」「そう、頑張ってね」とか、そんな感じ。
屋根裏に最初にBOØWYが出た時は、客が来るのか来ないのかわかんないからって、けんもほろろに扱われたな。
“お前ら、客呼べるの?”って。それが思った以上に客が入ったとたん、手のひら返して「来月もお願いできませんかね」とか言うから、バカヤロー!って。
出典:ライブ・シーンの中心でビートを刻み続けた高橋まことが語る「ライブハウス」(2/2) | ライヴポケット